雑学辞典




はじめに
このサイトは雑学うんちく豆知識雑学クイズトリビア裏技など生きていく上で必要不可欠ではないけれども知っているといつか使う機会があるかもしれない知識を色々取り揃えております。ただし物のルーツの話などこのサイトで紹介させていただく蘊蓄、雑学は飽くまで「そういう説があるんだよ」という感じで紹介させていただきます。
たとえば鉄火巻の名前の由来などは有力な説が2つあったりします。本当の所は誰にも分からないのです。
間違ってる場合もありますが、それでも良いという人は楽しんでいただけたら幸いです。
情報提供、ご意見、ご感想などはこちら
ピックアップした雑学

濃口醤油と薄口醤油はどっちが塩辛いか?

濃口醤油と薄口醤油はどっちが塩辛いか?

食べ物についての雑学、うんちく、豆知識です。

よく言う調味料のさしすせその“せ”にあたる醤油。これは昔、醤油が“せうゆ”と呼ばれていたからですが
醤油は大きく分けて、濃口醤油と薄口醤油(淡口醤油)の二種類があります。
イメージでは色の濃い、濃口醤油の方が味が強そうですが、実は薄口しょうゆの方が塩分濃度が高いんです。

濃口しょうゆは大豆と小麦を同じくらい使って、塩分濃度は16〜17%
薄口しょうゆは食塩を多めに加えてるため、発酵を抑えているため、色が薄い。塩分濃度は18〜19%

■関連記事
丸大豆醤油の雑学、うんちく、豆知識
醤油のうんちく 〜醤油の格についての雑学〜


丸大豆醤油の雑学、うんちく、豆知識

食べ物の雑学、うんちく、豆知識です。

少し高めのお値段で売られている丸大豆醤油の“丸大豆”って何のか気になった事ありませんか
丸大豆というのは規格名でも品種名でもなく、油を搾らない丸のままの大豆を使う事を丸大豆と言います。

市販されているリーズナブルな醤油は脱脂加工大豆を使って作ります

■関連記事
醤油のうんちく 〜醤油の格についての雑学〜


醤油のうんちく 〜醤油の格についての雑学〜

食べ物の雑学、うんちく、豆知識です。

醤油の前についてる「特選」「特級」などの名称ですが、これは醤油のランクで、JAS規格によるものと日本醤油協会によるものの2つあります
醤油のランクの基準には性状、色度、全窒素分、無塩可溶性固形分、アルコール分などで決めます。
JAS規格のランクでは標準上級特級の3ランクで標準が一番下のランクです。
JAS規格で言う所の特級の醤油で高い水準のものを、日本醤油協会がさらに特選超特選と表示できるようにしています。

■関連記事
丸大豆醤油の雑学、うんちく、豆知識


タマネギを切る時に目が染みる時の裏技

生活の雑学、うんちく、豆知識、裏技です

タマネギを切る時に目が染みますよね
それはタマネギに含まれている刺激性の成分、硫化アリルが揮発するためなんです。

玉ねぎは冷やすと刺激成分が気体にならないので、切っても目にしみません
料理する前に冷蔵庫で少し冷やしておくと良いでしょう



トップページを表示
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。