雑学辞典




はじめに
このサイトは雑学うんちく豆知識雑学クイズトリビア裏技など生きていく上で必要不可欠ではないけれども知っているといつか使う機会があるかもしれない知識を色々取り揃えております。ただし物のルーツの話などこのサイトで紹介させていただく蘊蓄、雑学は飽くまで「そういう説があるんだよ」という感じで紹介させていただきます。
たとえば鉄火巻の名前の由来などは有力な説が2つあったりします。本当の所は誰にも分からないのです。
間違ってる場合もありますが、それでも良いという人は楽しんでいただけたら幸いです。
情報提供、ご意見、ご感想などはこちら
ピックアップした雑学

絹ごし豆腐は絹を使わない

絹ごし豆腐は絹を使わない

食べ物のうんちく、雑学、豆知識です。

豆腐には大きく分けて絹豆腐木綿豆腐の2種類があります。
豆腐は水に浸した大豆を潰して絞った豆乳にニガリなどを加えて作ります。
これを固めたのが絹ごし豆腐です。
絹は使いません。

絹ごし豆腐を穴がたくさん開いている型に崩して入れて水分を抜きながら固めたものが木綿豆腐です。

名前の由来は食感から


【雑学】信号の色はどうして赤、黄、青なのか?

色についての雑学です。

信号の色は進めは、注意は黄色、止まれはですよね。
この色の組み合わせは日本だけでなく他の国でもほとんど同じです。

何故かというと青、黄、赤は色の三原色で見分けやすいんです。

赤が止まれなのは一番目立つ色で波長が長く、遠くからでもよく見えるから、青が進めなのは赤の反対の色だからです。


【雑学クイズ】ピカソの本名は?

【雑学クイズ】ピカソの本名は?

歴史の雑学、うんちくです。

画家のピカソの本名をご存知ですか?

実はパブロ・ピカソはフルネームではありません。

答えと蘊蓄を読む


【雑学】ヨーヨーはもともと狩の道具だった

おもちゃの雑学、うんちく、豆知識です。

合成樹脂や木でできた2枚の円盤を軸などでつなげて長くて丈夫な紐を巻きつけた、ご存じヨーヨーですが

実はこのヨーヨーは今でこそおもちゃですが
もともとは狩の道具だったんです。

16世紀のフィリピンで狩人たちが、大きな円盤状の物と麻紐を使って巨大なヨーヨーを考案し、獲物に向かって投げて脚をからませてつまずかせたりする目的で使っていました。

現在の形のヨーヨーはアメリカで小さくしたものがおもちゃとして発売されました。


明治製菓の創業は明治?

日本の歴史に関する雑学クイズです。

明治ミルクチョコレートやイソジンなどでお馴染みの明治製菓。
社名に「明治」とありますが、果たして創業は明治何でしょうか?

答えとうんちくを読む


一度に使える硬貨には枚数制限がある

法律に関するうんちく、雑学、豆知識です。

昭和13年に施行された「臨時通貨法」により
同一の硬貨21枚以上の使用はお店側に拒否される事があります。
これは1円玉をはじめ、5円、10円、50円、100円、500円の硬貨にも適応されます。

ただし店側も「拒否できる」というだけで受け取ってはいけないというわけではありません


「おめがねにかなう」の「めがね」とは眼鏡の事でしょうか?

「おめがねにかなう」の「めがね」とは眼鏡の事でしょうか?

言葉の雑学クイズです。

目上の人に気に入られたりする事を「おめがねにかなう」と言いますが、このめがねとは眼鏡の事でしょうか?

答えと解説うんちくを読む


カルピスのカルとは何でしょう?

カルピスのカルとは何でしょう?

食べ物、飲み物に関する雑学クイズです。
子供からお年寄りまで幅広い支持を受けている乳酸菌飲料。ご存じカルピスについての問題です。

カルピスのカルとは何でしょう?

答えとカルピスのうんちくを読む


助六寿司の助六とは?すしのうんちく

助六寿司の助六とは?すしのうんちく

寿司のうんちく、雑学、豆知識です。

スーパーなどで売られてる稲荷寿司と太巻がセットになったお寿司で助六寿司というものがありますよね。
何故、助六寿司かというと、歌舞伎の人気演目「助六由縁江戸桜」の主人公、助六。その助六の彼女の名前が「揚巻」という名前の花魁(おいらん)で
名前の「揚」から油揚げを使った稲荷寿司、「巻」から巻き寿司
と、発想した洒落で、稲荷寿司と巻き寿司を組み合わせたものを助六と呼ぶようになりました。
ちなみに稲荷寿司の名前の由来はきつねうどんと同じく油揚げがキツネの好物とされていたからです。

■関連記事
寿司屋の専門用語、鮨屋の雑学
鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識
きつねうどんの名前の由来のうんちく


寿司屋の専門用語、鮨屋の雑学

寿司屋の雑学、豆知識です。

寿司屋で用いられる専門用語です。基本的にお客が使うものはガリ、サビ、ネタ、カッパ、シャリくらいだと思います。
そして全国共通ではなく、伝わらない可能性もあります。

アガリ:お茶のこと。語源は遊郭で来客時に出した上がり花から
カッパ:キュウリのこと。かっぱ巻きはキュウリを巻いたお寿司
ガリ:甘酢に漬けた薄切りの生姜。語源は歯応えがガリガリするから
サビ:わさびのこと。ナミダとも言う
ネタ:寿司の食材の事。語源は種の逆さ読み
シャリ:酢飯のこと。
ツメ:アナゴなどのネタに塗る、甘辛いタレ。語源は煮詰めの略
ギョク:出汁巻き玉子。玉という漢字の音読み
ムラサキ:醤油のこと
ガレージ:シャコのこと。語源は車庫
オアイソ:勘定をすること。元々、板前が客に使う言葉で、客が使うのは間違い。客が申し出る場合は「お勘定」の方が適切

■関連記事
鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識
助六寿司の助六とは?すしのうんちく



トップページを表示