雑学辞典



助六寿司の助六とは?すしのうんちく

助六寿司の助六とは?すしのうんちく

寿司のうんちく、雑学、豆知識です。

スーパーなどで売られてる稲荷寿司と太巻がセットになったお寿司で助六寿司というものがありますよね。
何故、助六寿司かというと、歌舞伎の人気演目「助六由縁江戸桜」の主人公、助六。その助六の彼女の名前が「揚巻」という名前の花魁(おいらん)で
名前の「揚」から油揚げを使った稲荷寿司、「巻」から巻き寿司
と、発想した洒落で、稲荷寿司と巻き寿司を組み合わせたものを助六と呼ぶようになりました。
ちなみに稲荷寿司の名前の由来はきつねうどんと同じく油揚げがキツネの好物とされていたからです。

■関連記事
寿司屋の専門用語、鮨屋の雑学
鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識
きつねうどんの名前の由来のうんちく


鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識

鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識

鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識、鉄火巻きのトリビア

鉄火巻はマグロの赤身を酢飯と海苔で巻いた巻き寿司ですが、鉄火巻の名前の由来が気になったこととかありませんか?

実は鉄火巻の名前の由来には有名な説が2つあります。
マグロの赤身の赤さと山葵の辛さを熱した鉄“鉄火”に例えた説
もう1つは昔、鉄火場(賭博場)で博打をしながら、手にご飯粒がつかないで手軽に食べられる食事だったから説の2つが有力な説です。


たぬきうどん、たぬきそばのうんちく

食べ物の雑学、うんちく、豆知識

関東ではたぬきうどん、たぬきそばは揚げ玉が乗っかったもので、「タネ」を抜いて揚げた天ぷら、つまり「タネ抜き」が訛ってたぬきと呼ばれるようになったのが名前の由来です。

大阪では油揚げを乗せたそばを「たぬき」と呼びます。
対して、油揚げを乗せたうどんは「きつね」と呼ばれるので、キツネと狸が対をなすという発想から「たぬき」という名前になったのが名前の由来というのが一番有力な説です。
たぬきうどんと注文しても伝わらない事が多いようです。

■関連記事
きつねうどんの名前の由来のうんちく


きつねうどんの名前の由来のうんちく

食べ物の雑学、うんちく、豆知識

きつねうどんとは、甘辛く煮た油揚げを乗せたうどんの事で、蕎麦の場合はきつねそばといいます。

きつねうどんの名前の由来はいなり寿司と同じくキツネの好物が油揚げだとされているからというのが一番有名な説です。
油揚げの色、形が狐がうずくまっている姿に似ているからという説もありますが詳しいことは分かっていません。

何故キツネの好物が油揚げとされていたのか?
農耕上有益な動物で頭のよさそうなキツネを信仰し、お供え物をしていた時、お供え物の油揚げに口をつけたためキツネは油揚げが好きなんだと思いこむようになった
という説があります。

大阪弁では「けつねうどん」と呼ばれるとか

■関連記事
たぬきうどん、たぬきそばのうんちく


濃口醤油と薄口醤油はどっちが塩辛いか?

食べ物についての雑学、うんちく、豆知識です。

よく言う調味料のさしすせその“せ”にあたる醤油。これは昔、醤油が“せうゆ”と呼ばれていたからですが
醤油は大きく分けて、濃口醤油と薄口醤油(淡口醤油)の二種類があります。
イメージでは色の濃い、濃口醤油の方が味が強そうですが、実は薄口しょうゆの方が塩分濃度が高いんです。

濃口しょうゆは大豆と小麦を同じくらい使って、塩分濃度は16〜17%
薄口しょうゆは食塩を多めに加えてるため、発酵を抑えているため、色が薄い。塩分濃度は18〜19%

■関連記事
丸大豆醤油の雑学、うんちく、豆知識
醤油のうんちく 〜醤油の格についての雑学〜



トップページを表示
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。