雑学辞典



【雑学】日本の酒税制度は足利義満が始めた

【雑学】日本の酒税制度は足利義満が始めた

日本の法律に関する雑学です。

お酒には税金が課せられているのは有名ですが
果たしていつ頃からお酒に税金がかえられたのでしょうか?

1371年の室町幕府三代将軍、足利義満の時代に全国の酒屋に、つぼ別200文の酒税を課したのが始まりです。

軍事費用が必要になり、つぼ別200文の酒税を課しました。

1871年には新たに太政官布告が制定され、免許税と醸造税の家庭が制定されました。

トップページを表示