雑学辞典



寿司屋の専門用語、鮨屋の雑学

寿司屋の専門用語、鮨屋の雑学

寿司屋の雑学、豆知識です。

寿司屋で用いられる専門用語です。基本的にお客が使うものはガリ、サビ、ネタ、カッパ、シャリくらいだと思います。
そして全国共通ではなく、伝わらない可能性もあります。

アガリ:お茶のこと。語源は遊郭で来客時に出した上がり花から
カッパ:キュウリのこと。かっぱ巻きはキュウリを巻いたお寿司
ガリ:甘酢に漬けた薄切りの生姜。語源は歯応えがガリガリするから
サビ:わさびのこと。ナミダとも言う
ネタ:寿司の食材の事。語源は種の逆さ読み
シャリ:酢飯のこと。
ツメ:アナゴなどのネタに塗る、甘辛いタレ。語源は煮詰めの略
ギョク:出汁巻き玉子。玉という漢字の音読み
ムラサキ:醤油のこと
ガレージ:シャコのこと。語源は車庫
オアイソ:勘定をすること。元々、板前が客に使う言葉で、客が使うのは間違い。客が申し出る場合は「お勘定」の方が適切

■関連記事
鉄火巻のうんちく、雑学、豆知識
助六寿司の助六とは?すしのうんちく

トップページを表示