雑学辞典



きつねうどんの名前の由来のうんちく

きつねうどんの名前の由来のうんちく

食べ物の雑学、うんちく、豆知識

きつねうどんとは、甘辛く煮た油揚げを乗せたうどんの事で、蕎麦の場合はきつねそばといいます。

きつねうどんの名前の由来はいなり寿司と同じくキツネの好物が油揚げだとされているからというのが一番有名な説です。
油揚げの色、形が狐がうずくまっている姿に似ているからという説もありますが詳しいことは分かっていません。

何故キツネの好物が油揚げとされていたのか?
農耕上有益な動物で頭のよさそうなキツネを信仰し、お供え物をしていた時、お供え物の油揚げに口をつけたためキツネは油揚げが好きなんだと思いこむようになった
という説があります。

大阪弁では「けつねうどん」と呼ばれるとか

■関連記事
たぬきうどん、たぬきそばのうんちく

トップページを表示